ライ麦の麦踏み


お正月最終日

数年に1度の大寒波が来て、

ここ津山盆地も、寒さのカプセルに閉じ込められて、朝は霜と氷の世界になっています。

そんな寒さに縮こまりながら畑に出てみると、元気いっぱいに目立つのがライムギの葉です。

ライムギ

ライムギは麦の中でも特に寒さに強い作物で、11月から温暖化の今では12月でも種をまくと、発芽して育ってくれます。

根は地下1メートル以上も伸ばす、とても生命力の強い作物です。

そんなライムギの、この時期に行う農作業があります。麦踏みです。

麦は踏まれれば踏まれるほど強く育ちます。

小学校の頃「はだしのゲン」と言う漫画を読んで、僕はそれを知りました。ゲンの父親がゲンに、踏まれれば踏まれるほど強く育つという麦の強さを見習え、と言っていた場面が心に残っています。

なぜ踏まれるほど麦は強く育つのか。その時は全然分かりませんでしたが、農業をしてる今はよくわかります。それは麦の根が霜によって浮いてしまうからです。

根っこと土とが離れてしまうことは、植物にとってはとても重大な問題です。水と栄養が吸えなくなるばかりか、根は空気にさらされるとすぐに傷んでしまうからです。

種まきごんべえ

今日は種まきゴンベえのゴムローラーで転圧です。

よしよしと。

今年初めの農作業です

Access

〒709-4602
岡⼭県津⼭市宮部下472
駐車場6台
  • 院庄ICから車で約10分
  • JR姫新線 坪井駅 から送迎5分
  • 阪急高速バス  大阪〜新見・三次 久米停留所から 送迎5分
↑pagetop